支笏湖ゾーンの生き物図鑑

アメマス
学名Salvelinus leucomaenis
英名White-spotted charr

支笏湖産は陸封型のエゾイワナ。まれに60cm程度の大型になります。産卵期には下あごが上にまがります。体色はあまり変わりません。

イトヨ(太平洋型)
学名Gasterosteus aculeatus aculeatus
英名Three-spined Stickleback

遺伝学的な解析で、「太平洋型」(遡河回遊性と河川性の個体)と「日本海型」(遡河回遊性の個体)の2つのグループに分けられます。支笏湖産は、太平洋型になります。

エゾウグイ
学名Tribolodon ezoe
英名Ezo-ugui

ウグイに比べ、吻端がヘラ状に伸びています。産卵期には、ほほに赤いしまが現れ、ヒレの付け根も赤くなります。

ギンブナ
学名Carassius gibelio langsdorfi
英名Gin-buna

不思議なことにギンブナには雄が少ない。一般的に「フナ」と言えば、このギンブナをさすことが多い。

グロダハゼ類
学名Rhinogobius
英名Goby

ヨシノボリ類は分類が未だはっきりしていませんが、支笏湖に生息するのは「トウヨシノボリ」といわれていた種で、尾ビレのあたりがオレンジ色をしています。

スジエビ
学名Palaemon paucidens
英名River shrimp, Lake prawn

"石狩川下流から支笏湖までの広い範囲で、ごく普通に見られる淡水性のエビです。透明な体から内蔵も観察できます。
"

ニジマス
学名Oncorhynchus mykiss
英名Rainbow trout

米国からの移植種です。各地で養殖されて、 いろいろなニジマスが作り出されています。薄紅色の帯が特徴です。

ヌマチチブ
学名Tridentiger brevispinis
英名Goby "Numa-chichibu"

河川の中・下流域から汽水域、池や沼など、さまざまな水域に生息しています。雑食性で、岩や倒木など隠れ場所のあるところに多くみられます。

ヒメマス
学名Oncorhynchus nerka
英名Kokanee;land-locked form of Sockeye salmon

ベニザケの陸封型で支笏湖産は移植種です。
湖にいる未成魚は銀色ですが、産卵期には鮮やかな紅色になり、鼻もまがってきます。

ブラウントラウト
学名Salmo trutta
英名Brown trout

魚食性が強く、アメマスなど在来種との産卵場所の競合や交雑も起こり、北海道では規則で川や湖に放すことが禁止されています。支笏湖や千歳川でもよく見られます。



Instagram

みんなの投稿

「#サケふるフォト」をつけてInstagramに投稿された写真を公開中!たくさんの方の投稿をお待ちしています!投稿方法は コチラから確認

SNS

sns
sns
sns
sns


関連リンク

サーモンパーク千歳
支笏湖漁業協同組合
千歳観光連盟
ちとせの観光
北海道内の日本動物園水族館協会所属 動物園・水族館
円山動物園
旭山動物園
釧路市動物園
おびひろ動物園
おたる水族館
登別マリンパークニクス
サンピアザ水族館
ノシャップ寒流水族館
※上記の施設へ千歳水族館の年間パスポートを持参すると、割引特典がございます。
TOP

Close

検索

メインメニュー

SNS