サケのふるさと 千歳水族館 > フロアマップ > 世界の淡水魚ゾーン > 世界の淡水魚ゾーンの生き物図鑑

世界の淡水魚ゾーンの生き物図鑑

アリゲーターガー
学名Atractosteus spatula
英名Alligator gar

北アメリカに生息し、最大で3mほどにもなる大型の淡水魚です。ワニのような顔つきが名前の由来となっています。鋭い歯で小魚などを捕らえて食べます。

インディアンナイフフィッシュ
学名Notopterus notopterus
英名Knifefish, Featherback

体が平たくナイフのような体形であることから、英語名は「ナイフフィッシュ」。日本名では同じく刃物の連想ではあるものの「ナギナタナマズ」と呼ばれます。肉食性の淡水魚で、小魚やエビカニの仲間などをエサにします。

シルバーアロワナ
学名Osteoglossum bicirrhosum
英名Silver arowana

南米のアマゾン川などに生息しています。体形は細長く、最大で1mを超えることもあります。
口は大きく上に向かって開き、下顎の先に2本のヒゲがあります。主に昆虫やエビカニの仲間、小魚などをエサにしています。

ピラニア・ナッテリー
学名Pygocentrus nattereri
英名Red piranha

体長は20~30cmになります。体の上部が緑色で腹部が鮮やかな赤色をしている美しい種で、観賞
魚としても流通しています。肉食で鋭い歯をもち、どう猛な肉食魚のイメージですが、神経質で臆病な一面ももっています。

ポルカドットスティングレイ
学名Potamotrygon leopoldi
英名White-blotched river stingray

南米アマゾン川に生息する、真っ黒の体色に白のスポットがトレイドマークの淡水エイ。体に身を守るウロコがなく、尾に毒のあるトゲをもっています。

レッドテールキャットフィッシュ
学名Paractorocephalus hemioliopterus
英名Redtailed catfish

南米アマゾン川に生息する大型のナマズで、熱帯魚ショップでは5cmほどのかわいらしい姿で流通していますが、最大で1mを超えます。赤みのある尾ビレが名前の由来となっています。
6本のヒゲと大きな口をもち攻撃的で、口に入るサイズの魚なら飲み込んでしまいます。


世界の淡水魚ゾーンのページに戻る 他のゾーンの生き物図鑑を見る



Instagram

みんなの投稿

「#サケふるフォト」をつけてInstagramに投稿された写真を公開中!たくさんの方の投稿をお待ちしています!投稿方法は コチラから確認

SNS

sns
sns
sns
sns


関連リンク

サーモンパーク千歳
支笏湖漁業協同組合
千歳観光連盟
ちとせの観光
北海道内の日本動物園水族館協会所属 動物園・水族館
円山動物園
旭山動物園
釧路市動物園
おびひろ動物園
おたる水族館
登別マリンパークニクス
サンピアザ水族館
ノシャップ寒流水族館
※上記の施設へ千歳水族館の年間パスポートを持参すると、割引特典がございます。
TOP

Close

検索

メインメニュー

SNS