サモン君だより 935回  ~ザリガニ釣りが人気~

掲載日:2016.05.27

リニューアル後初のゴールデンウィークは、多くのお客様でにぎわいました。イベントの1つにアメリカザリガニ釣りを行いましたが、子どもから大人の方まで大人気で、現在も場所を変えて引き続き楽しんでいただいています。 ところで、6月19日からアメリカザリガニを含む12種が北海道の「指定外来種」として規制対象になります。アメリカザリガニはもともと、冬の寒さが厳しい北海道にはいなかったのですが、近年は温泉の排水など、水が凍らないような場所に定着しています。道外には以前から広く分布しており、愛知県出身の私にとっても実家近くの水田にたくさんいて、子どもの頃に慣れ親しんだ生き物でした。 久しぶりに実家へ帰省したときのことです。家の周りを散歩するといろいろな生き物が見られ、その中には昔と変わらず、アメリカザリガニもいました。一方、昔はいなかったはずのミシシッピアカミミガメ(通称ミドリガメ)が川にたくさんいて、晴れた日などは至る所で甲羅干しする姿を見ました。さらには、特定外来生物に指定されている巨大なネズミの仲間、ヌートリアにも出合いました。 ミシシッピアカミミガメとヌートリアの存在に驚き、違和感を覚えましたが、地元にずっと住む両親は特に驚きもせず、当たり前のような感じでした。そんな私も、アメリカザリガニに対しては違和感なく、子どもの頃を思い出して懐かしさも感じていたのでした。外来生物の存在は、月日とともに当たり前になっていく。恐ろしいことだなと思いました。 今後指定外来種に対し「適切な飼養等」「放つこと等の禁止」「販売業者の説明」が求められ、場合によって罰則を受けることがあります。外来生物がいるのは「おかしい」ことだと認識し、問題に取り組まねばと思いました。

 (学芸員:荒金 利佳)

FullSizeRenderザリガニ釣りで人気の “アメリカザリガニ”