サケ科幼魚の展示が始まりました

掲載日:2016.12.19

アイキャッチ画像
中水槽のサケ親魚は12月18日で展示が終了し、19日からサクラマス(ヤマメ)やギンザケ、オショロコマなど、サケ科幼魚の展示が始まりました。大きさは10センチほどとまだ小さく、どの魚も同じように見えますが、体の色やパーマーク(丸い斑紋)の形、背ビレなどに黒点がある・ないなど、よく見ると違いがあります。現在はおよそ500匹で、もう少し数を増やす予定です。どうぞご覧になってください。