千歳アイヌのサケ文化・展示エリアがパワーアップ!

掲載日:2021.02.01

2021年2月1日、千歳水族館2階「なるほど!?サーモンルーム」の、アイヌ文化関連エリアが大幅にリニューアルしました!

「千歳アイヌのサケ文化」をテーマに水族館の主役でもある「サケ」と、千歳のアイヌ文化の深い関わりを、千歳アイヌ協会・千歳アイヌ文化伝承保存会の皆様にも貴重な資料提供をいただき、より深く、より分かりやすくご紹介します。

特殊な「マレ」をはじめとする、アイヌの様々な漁具の展示やサケに感謝する儀式「アシリチェノミ」の解説、そしてサケを使ったアイヌ料理の紹介やサケ皮の靴「チェケリ」の実物展示などの充実した展示内容となっています。

 

そして一番の見所は、千歳市立末広小学校3年生が実践しているアイヌ文化学習プログラムにご協力いただき撮影した、「マレ」でサケを捕る瞬間の水中動画です。不思議な形のマレクでどういう仕組みでサケが捕獲されるのか、その瞬間を水中で捉えた映像は、恐らく他には無い大変貴重な記録です。

 

また、アイヌ文化展示エリアのリニューアルに伴い、写真家の栂嶺レイさんによる写真展「鮭(カムイチェプ)をめぐる千歳のアイヌ文化」を同時開催。2021年3月31日までご覧いただけます。

他にも千歳アイヌ協会・千歳アイヌ文化伝承保存会の皆さまによる記念講演や、アイヌ舞踊や伝統楽器などによるアイヌ文化公演も下記の通り予定しています。参加方法等詳細については、近日中にアップいたしますのでもう少しお待ちください。

【アイヌ文化展示リニューアル 記念講演&文化公演】

2021年2月27日(土)・28日(日)

  • 講  演  会  : 13時30分~ (千歳水族館2階 学習室)
  •    27日 先住民族と先住権:千歳アイヌ文化伝承保存会副会長 平井史郎 氏

       28日 アイヌ文化と私: 公益財団法人北海道アイヌ協会副理事長・千歳アイヌ協会会長 中村吉雄 氏



  • 伝統芸能発表 : 14時30分~ (千歳水族館 大水槽前)   
  • 両日とも古式舞踊、古式歌謡、伝統楽器、昔話の読み聞かせ等の発表

 

新たな千歳のアイヌ文化に触れる貴重な展示、そして体験を、
ぜひ「サケのふるさと千歳水族館」でお楽しみください。